フルーツポマンダー

131110

浜中学校コミュニティハウスにて「暮らしに活かすハーブ フルーツポマンダー」のレッスンを開催しました。フルーツポマンダーは柑橘にクローブを差し込んで作るクラフトです。中世ヨーロッパではお守りとして使われていましたが、今ではクリスマスオーナメントに使われたりします。カビが生えないように乾燥させていくので、どうしても秋から冬の湿度の低い時期に作るのがベストなので、クリスマスのタイミングと合うということもあるかもしれません。

教室内はオレンジとクローブの香りがいっぱい、そしてひたすらにクローブを挿していくので、爽やかな香りの中でみなさん、集中されておりました。クローブの挿し方はそれぞれ自由なので、ハートや星形の模様を作った方、イニシャルにした方もいて、それぞれの個性が出るポマンダーになりました。

すぐに飾れるようにリボンで飾り付けたもの、そしてスパイスパウダーをまぶして自宅で乾燥させるものの2種類を作りました。今からですと、クリスマスに間に合います。湿気に気を付けながら、上手に乾燥させてくださいね。

  • レッスンの様子や参加されたみなさんの作品はこちら
0