CP+ 2018

毎年足を運んでいるこのイベントの一番好きなところはスマホやPCを通してではなく、生の作品を自分の目でじっくり見れること!しかもプロからアマチュアまで世界中のカメラマンによる、様々なジャンルの多岐にわたるテーマで撮られた写真をたくさん見れるのです。今まではただ「綺麗だな」と写真を眺めるだけでしたが、今年はちょっと違う目線で見れた気がします。

先日見た写真展でものすごく気になったことがあって、今日のイベントで謎が解けたこともあって、折を見てやってみようと思っています。

年々、女性向き&スマホ向けのブースが増えてきたように思います。レンズやカメラなどの機械系は男性、フォトブックやスマホは女性のお客さんが多かった印象を受けました。